経営で一番大切だと思うこと

経営に一番大切だと思うことは、やはり「誠心誠意」です。

誠心:心に偽りのないこと。

誠意:私利私欲を離れて、正直に熱心に事にあたる心。

1 誠心

自分の意に反した仕事は、必ず低品質になります。

また、少しでも収入を得たいために、不用意に値引きに応じてしまうと、仕事の質は低下します。

自分が一生懸命する仕事にプライドをもち、請求する報酬に見合った仕事をして、お客様に喜んでもらうという意気込みが大切です。

2 誠意

自分が儲ければいいと考えて行動してはいけません。

熱意をもって正直に行動することが、お客様の信頼に繋がります。

・人柄の良い社長に対して、何も言わずに報酬を払ってくれるから高めに請求する。

・自分の利益になるように、手間がかからない方法を選択する。

・お客様の要望に対して、そのまま応じればお客様の利益を損なう場合でも、お客様の要望を優先して責任逃れをする。

これらの行動は、いずれ信頼を失います。

自分の意見を真摯に伝えるのは大変ですが、根気強く伝えれば必ずご理解いただけます。

偉そうに経営を語るつもりはありませんが、私の行動理念です。

(投稿者)

税理士 徳田貴久

徳田貴久税理士事務所

熊本県熊本市中央区大江6丁目20-6-2F

問い合わせ tokuda@tokudaoffice.com

by
関連記事