事業復活支援金サイトがオープンしました

コロナの影響を受けた事業の継続・回復を支援するための事業復活支援金サイトが公表されました。
申請受付開始は2022/1/31です。

熊本 税理士 事務所

1 給付対象

次の①と②をいずれも満たす中堅・中小企業、個人事業主等です。

① 新型コロナウイルス感染症の拡大や長期化に伴う需要の減少又は供給の制約により大きな影響を受けていること
② ①の影響を受け、自らの事業判断によらずに対象月の売上が基準期間の同月と比べて50%以上又は30%以上50%未満減少していること

自らの事業判断によらないとは、自治体からの要請などがない自主休業や時短営業などはダメということです。

2 給付額の上限

売上減少率個人事業主法人
年間売上高
1億円以下
法人
年間売上高
1億円超
5億円未満
法人
年間売上高
5億円超
50%以上50万円100万円150万円250万円
30%以上
50%未満
30万円60万円90万円150万円

給付額の上限の区分を判断する年間売上高は、比較に用いた月を含む事業年度の年間売上高です。
売上高減少率に応じて給付金の上限が設けられています。

3 給付額の計算方法

給付額=(基準期間の売上高)-(対象月の売上高)✕5

※基準期間とは、2018/11~2019/3、2019/11~2020/3、2020/11~2021/3、のいずれかの期間のうち、対象月を判断するため、売上高の比較に用いた月を含む期間です。

※対象月とは、2021/11~2022/3のいずれかの月のうち、基準期間の同月と比較して売上が50%以上又は30%以上50未満減少した月で、申請に用いる月です。

【具体例】法人 年間売上高1億円以下

黄色が50%以上減少、青が30%以上50%未満減少の期間です。
給付額が多くなるので、50%以上減少の濃い青の月から対象月を選択します。
給付額の最大化を目指すためには、要件を満たすもののうち

① 基準期間の売上高が最大
② 対象月の売上高が最小

となる月を選択します。

①が最大となる基準期間は2018/11~2019/3の4,700,000円
②が最小となるのが2022/2の400,000円

となるので、対象月を2022/2とし、基準期間を2018/11~2019/3を選択します。

(計算)4,700,000円-400,000円✕5=2,700,000円>1,000,000円(上限)

となり、上限の1,000,000円の給付となります。

2022年1月31日から申請が始まりますので、2021年11月から2022年1月までに上限の給付を受けられるならすぐに申請することができます。
2022年1月21日から2月13日までまん延防止充填措置となるようですので、上限に達しなかった事業者は状況次第で申請となりそうです。

by
関連記事